落葉口へ種を塗りつける - ナンバンギセル-品種不明 栽培記録
  • 使い方
  • 育て方を調べる
  • 栽培ノートを始める
  • トップページ
  • カテゴリ
  • Q&A
  • キーワード辞典

栽培記録 PlantsNote > ナンバンギセル > ナンバンギセル-品種不明 > ナンバンギセル

ナンバンギセル  栽培中 読者になる

ナンバンギセル-品種不明 栽培地域 : 三重県 伊賀市 天候 栽培方針 : 標準栽培 読者 : 0人
栽培環境 : 栽培面積 : 0.3㎡ 種から 3
作業日 : 2016-11-09 2016-10-20~20日目 晴れ 12.6℃ 7.3℃ 湿度:57% 積算温度:328.6 ℃

落葉口へ種を塗りつける

 ミョウガの葉柄が根本から、ポキリと綺麗に落葉するとは知らなかった。落口が綺麗で湿っている。
 地下茎側の、この落葉部分へナンバンギセルの種を塗りつけた方が、「うまく寄生してくれるのでないか?」・・・と思った。
 早速、知人宅の鉢のナンバンギセルの「種」を探しに行った。宿主のヤクシマススキは完全に刈り取られ・・・しかし、幸運にも1個だけこぼれ落ちたのが残っていた。ラッキー!
 というのが、今日の作業。筆で種を塗りつけた後は、落口に少し土を被せて完了。

ミョウガ葉柄根本

落葉落口と葉柄付け根

ナンバンギセル-品種不明 

コメント (2件)

  • パンナさん 2016-11-09 16:41:15

    ナンバンギセルって何のことか分からず、調べたら寄生する花なんですね(゜o゜;
    宿り木みたいな生態なのかなぁ?

    無事に寄生してくれるといいですね(*^▽^*)

  • かぼちゃさん 2016-11-09 17:11:37

     コメント ありがとうございます。
     ヤドリギと全く同じだと思います。このナンバンギセルは、全く葉緑素を持たず、厚かましくも全てを宿主から栄養を横取りして「綺麗な花を咲かせる」というやつです。ま、綺麗だから許してやるか・・。私は、ミョウガにも寄生することを知りませんでした。初めての試みですが、たまたま庭隅にミョウガがあったので、挑戦することにしました。

SILVER
かぼちゃ さん

メッセージを送る

栽培ノート数14冊
栽培ノート総ページ数155ページ
読者数9人

  巨大な植物たち・・・・・・ガリバーが巨人の国へ流れ着いたような異空間に魅せられて、私は今もジャンボカボチャや超長瓢箪を栽培している。
 近くには、妖精たちが住む里山がある。私の知らない遠い昔からである。彼女たちは、淡いピンクから純白まで多彩なドレスを持ち、可憐な姿で惜しげもなく甘い香を振り撒く。それでいて控えめな香りにはウットリさせられる・・その彼女に一目惚れ。15年以上になるだろうか・・悲しいかな、今だに片思いである。彼女は、自分の名前が「笹 百合」とだけは教えてくれた。母親が笹なのか?実によく似ている。彼女にもらった種は、今も大切に育てている。

プランツノートからお知らせ

  • 2016/04/10 栽培品種数が2,200品種を超えました。
  • 2016/04/08 マーケット機能は現在メンテナンス中となります。ご了承くださいませ。
  • 2016/04/01 サイトメンテナンスが終了しました。
  • 2016/03/30 会員数が10,000名を超えました。