いちごの水耕栽培装置、2018年秋モデル - とちおとめ 栽培記録
  • 使い方
  • 育て方を調べる
  • 栽培ノートを始める
  • トップページ
  • カテゴリ
  • マーケット
  • Q&A
  • キーワード辞典

栽培記録 PlantsNote > いちご > とちおとめ > いちごの水耕栽培2018秋冬

いちごの水耕栽培2018秋冬  栽培中 読者になる

とちおとめ 栽培地域 : 神奈川県 横浜市港北区 天候 栽培方針 : 標準栽培 読者 : 1人
栽培環境 : 水耕栽培 栽培面積 : 0.2㎡ 苗から 8
作業日 : 2018-10-10 2018-10-10~0日目 曇り 26.5℃ 20.3℃ 湿度:77% 積算温度:22.9 ℃

いちごの水耕栽培装置、2018年秋モデル

今年もいちごの水耕栽培をやることにしました。

秋から冬は水が冷たくなり、年明けは凍ってしまうので水耕栽培は不利ですが、金魚のヒーターを使うことで、厳冬期でも水耕栽培が可能になります。
また、トロピカル植物を温水水耕することで越冬させることもできます。

まずは、水耕栽培装置を作ります。
昨年は衣装ケースを使いましたが、浅すぎて根の張りがよくありませんでした。

2018年の秋モデル(スマホじゃないよ)の水耕栽培装置は、ペットボトルを使います。

装置の製作は1か月前からやってます。
奔放初公開です。

装置は8本のペットボトルを使います。
片側4連×2です。
いわゆる8気筒って感じです。

塩ビ管(VP20)で連結してオーバーフローを設けています。

アルミホイルをペットボトルに巻き付けて遮光します。

ペットボトルは発泡スチロールに入れて保温します。
今日は、材料の透明テープ(セリアで購入)が終わってしまったので、途中でおしまいです。
続きは明日やります。

水耕栽培装置2018年秋モデル(初公開)

アルミホイルを巻く前

とちおとめ 

コメント (0件)

GOLD
hareotoko さん

メッセージを送る

栽培ノート数98冊
栽培ノート総ページ数2499ページ
読者数51

サラリーマン・エンジニアです。
趣味の一環で自宅の庭(3平方メートル)で野菜、花を栽培してます。
自宅のバルコニーで水耕栽培を2017年から始めました。
自宅の隣地を借りて、家庭菜園を2019年から始めました。

・食料危機に備えて、野菜の育て方を習得してます。
・水耕栽培は「育て方改革」の一環で、無農薬、土耕の2~3倍の収量をめざします。

実家は長野県安曇野市です。不定期に収穫報告します。
2019.8.21更新

プランツノートからお知らせ

  • 2018/12/05 12月10日(月) 午前 9時 ~ 12時にマーケット機能(β版)の再公開のためシステムメンテナンスを実施させていただきます。
  • 2015/04/10 栽培品種数が2200品種を超えました。