トレビス 栽培記録
  • 使い方
  • 育て方を調べる
  • 栽培ノートを始める
  • 栽培記録 plantsnote
  • カテゴリ
  • QA

栽培記録 PlantsNote > トレビス

トレビス

  • 1

トレビス 育て方 栽培方法

    土作り
    トレビスは弱酸性~中性(pH6.0~6.5)の土壌を好みます。石灰を撒き、pHを調整しましょうにしましょう。 植え付けの2週間前までにpH調整のための苦土石灰を、1週間前までに堆肥、化成肥料を元肥として植えつける場所にいれておきましょう。 土壌改良材 ・苦土石灰100~150g/㎡ ・堆肥2kg/㎡ ・化成肥料100g/㎡ まず、苦土石灰を散布してよく耕します。1週間後に畝幅を60cmとして、その畝の中央に深さ20cmの溝を掘ってやり、そこに堆肥をまきます。化成肥料をその上からパラパラとまき、その上に土をかぶせて鍬の背で平らに整えましょう。畝の高さはおよそ10cmを目安とします。 株間は30cmにします。 そこで畝たては「株間(30㎝)×株数」で作りましょう。 マルチ等の被覆資材 トレビスは乾燥に弱いため、土壌から水分が蒸発するのを防ぐためにマルチを用いると効果的です。
    原産地は地中海沿岸であり、キク科の結球野菜です。分類上はチコリーと同種で、赤紫色の葉と白色の葉脈が特徴です。トレビスという名前はイタリア北部の原産地トレビゾ(Treviso)が由来となっています。葉の色が美しく、サラダのアクセントとして用いられています。虫があまり寄ってこず、アブラナ科野菜のコンパニオンプランつとして利用することが可能です。 栽培難易度:易 ・日当たりが良い場所を好む ・暑さに弱く、25℃以上で発芽不良、28℃以上で生育不良 ・生育期間は3~4ヶ月で、春まきと秋まきが可能 ・病害虫は少なく、無農薬栽培が比較的容易 1株収穫量: 300g前後 連作障害:あり 1~2年あける
  • 種まきの画像はありませんでした。

  • 管理
    植え付けの2週間後に追肥を行います。 株元に化成肥料を一つまみ程度ぱらぱらと追肥しましょう。
  • 収穫の画像はありませんでした。


トレビス 料理 レシピ

  • レシピはありませんでした。


トレビス の品種一覧

トレビス の新着Q&A