ヤッコササゲ 栽培記録 - 畑
  • 使い方
  • 育て方を調べる
  • 栽培ノートを始める
  • 栽培記録 plantsnote
  • カテゴリ
  • QA

栽培記録 PlantsNote > ササゲ > ヤッコササゲ - 畑

ササゲ > ヤッコササゲ タイムライン  - 畑

  • 1

ヤッコササゲ 新着Q&A

ヤッコササゲ カレンダー

カレンダーは現在準備中です。

ヤッコササゲ 栽培 MAP

全国栽培状況は準備中です。

ヤッコササゲとは

ヤッコササゲ(奴大角豆):マメ科の一年草。ササゲの類縁種で、栽培されているササゲ類中ではもっとも野生的なもののようで、wild cowpeaの異名を持っています。原産地はアフリカで、タンガニーカ、キリマンジャロ山麓(さんろく)から、標高2000メートル地帯にまで野生種が存在しています。中央アフリカで古代に栽培化され、いまは世界各地に伝播(でんぱ)しています。日本へ渡ってきたのは9世紀で、中国から伝来していたようです。 つるの伸びは緩慢で、3枚開く小葉の基部に花序がつきます。開花後に着果する莢は2~3本です。その状態が「物を捧げる手」のような形で上向きに育ちます。莢は長さ約12~20cm程で、豆の長さ7~8mmの円柱形をしています。豆の色は白、褐色など多様ですが白色に黒斑(こくはん)のある品種が多く見られます。高温でよく育ち、おもに関東地方以西に栽培されるようで、小豆の代用として煮豆にしたり飯と混炊します。
ヤッコササゲ のレシピ