発芽温度管理 - トマト-品種不明 栽培記録
  • 使い方
  • 育て方を調べる
  • 栽培ノートを始める
  • トップページ
  • カテゴリ
  • マーケット
  • Q&A
  • キーワード辞典

栽培記録 PlantsNote > トマト > トマト-品種不明 > いよいよ、種からトマト

いよいよ、種からトマト  終了 成功 読者になる

トマト-品種不明 栽培地域 : 栃木県 宇都宮市 天候 栽培方針 : 標準栽培 読者 : 0人
栽培環境 : 栽培面積 : 2.3㎡ 種から 14
作業日 : 2017-03-02 2017-03-01~1日目 雨 のち 曇り 10.9℃ 4℃ 湿度:85% 積算温度:6.9 ℃

発芽温度管理

昨日から、幡種して発芽温度管理を炬燵の中でやっています
昨晩寝るまで炬燵をつけていて、本日帰宅後に電気を入れての
温度変化です、
 まず最適な発芽温度 25℃~30℃は・・・炬燵の電気を弱で入れておけばMAX28℃で変化しても25℃~28℃の範囲内ですから
一定した温度管理ができるということです。

また、発泡スチロール箱の中ですから、じかと違って温度変化は
急激に変化しません。

 深夜から次日の夕方まで、留守の時は電気を切った
状態で、MINI14.8℃と 発芽の最低気温10℃より上です。
 この状態で、四六時中炬燵の電気を入れられれば
適温で管理できるということです。

 でも、留守の時まで炬燵の電気を入れた状態にして
おけないですから。
 切ったとしても、発芽までは適温時より時間はかかりますが
平均にそろっての発芽ができそうですね。

という、データーロガーの記録結果でした。

明日は、天気が良いので日中は簡易温室の中に居れて
日中の温度も記録を取ってみたいと。

昨晩からの炬燵内、発泡コンテナ内部温度変化

トマト-品種不明 

コメント (0件)