4つの植え方で収穫量に違いが出るか実験開始 - 紅はるか 栽培記録
  • 使い方
  • 育て方を調べる
  • 栽培ノートを始める
  • トップページ
  • カテゴリ
  • マーケット
  • Q&A
  • キーワード辞典

栽培記録 PlantsNote > サツマイモ > 紅はるか > 紅はるかで植え方実験

紅はるかで植え方実験  終了 成功 読者になる

紅はるか 栽培地域 : 愛知県 名古屋市中村区 天候 栽培方針 : 標準栽培 読者 : 1人
栽培環境 : 栽培面積 : 4㎡ 苗から 25
作業日 : 2018-05-19 2018-04-29~20日目 晴れ 18℃ 湿度:64% 積算温度:403.7 ℃

4つの植え方で収穫量に違いが出るか実験開始

4つの植え方は以下の通り!

①垂直植え

②船底植え

③水平植え

④菅野式

※菅野式 サツマイモの若苗・摘心・しおれ定植は、雑誌「現代農業」に 掲載された植え方です。

苗は濡らした新聞紙に包んで日陰で1日置いてから植えました。
植え付け時には既に少し根が出た状態でした。

葉を枯らさずに活着させるため、藁を敷いて遮光シートをかけました。
マルチは地温が上がりすぎて根が痛む事を考慮しマルチ無しです。

春先まで小松菜を植えていた箇所のため、肥料は草木灰と硫酸カリを少量だけ混ぜ込みました。

ちょっと畝が小さいけど、1ヶ月後に土寄せする予定です。

活着後の状況 20日目

紅はるか 実験 名古屋  紅はるか 

コメント (0件)