球根の植えつけ - ミノウ 栽培記録
  • 使い方
  • 育て方を調べる
  • 栽培ノートを始める
  • トップページ
  • カテゴリ
  • マーケット
  • Q&A
  • キーワード辞典

栽培記録 PlantsNote > スイセン > ミノウ > 水仙(ミノウ)

水仙(ミノウ)  終了 失敗 読者になる

ミノウ 栽培地域 : 千葉県 市川市 天候 栽培方針 : 標準栽培 読者 : 1人
栽培環境 : プランター 栽培面積 : 0.2㎡ 種から 5
作業日 : 2013-10-19 2013-10-19~0日目 曇り のち 雨 21.3℃ 16.2℃ 湿度:80% 積算温度:17.9 ℃

球根の植えつけ

ミニ水仙「ミノウ」を育てます♪
品種がたくさんある中、コンパクトで、白・黄色の水仙を探していたところ
このミノウに出会いました(*^^*)

早速植え方を調べて球根を植えつけました(^^)
 ・プランター( 45.5 x 22.5 x H23cm)容量11L
 ・土: 安かったので購入。良く見たら元肥が入ってなかったので
  有機肥料を混ぜた
 ・5個の球根をWで5ヵ所、10cm以上の間隔で植えつけ。
  十分な間隔がないので大丈夫かなぁ。。。

寒くてもしっかり水やりが必要、寒い場所が良い、ようなので
これからの季節は結構楽かもね(^。^)
発芽までどのくらいかかるんだろう?楽しみだなぁ♪

そうそう、水仙の毒に気をつけなきゃね!
水仙は接触皮膚炎の他に、敏感な人は水仙の匂いだけで被れることも
あるらしい。私は過敏症ではないけれど一応気を付けてお世話しよう(^-^)

<ミノウのメモ>
・ミニ系の球根
・一茎からたくさんの花が咲くタゼッタ系、クリーム色花弁、黄カップ
・ヒガンバナ科

★開花時期: 3~4月
★植えつけ時期: 10~11月
★草丈: 20~35cm
★植付
 ・ 日当たりと水はけの良いところ
 ・深さ8~10cm位、間隔15~20cm
 ・球根の高さの3倍ほどの深さに、尖った方を上にして植える
 ・一定期間低温に当たることで開花するので、鉢植えでも冬は戸外の寒い場所で管理
 ・水切れすると花が咲かなくなるので、冬もたっぷり水やりをする
★肥料: 植付前に土を深く耕し、有機肥料や化成肥料などの元肥を施しておく
★用途: 花壇・鉢植・切花
★花が終わった後の管理
 ・掘り上げは葉が黄変しはじめたら球根を掘り上げ、涼しい場所で乾燥保存する。
  分球で増やせる。
 ・茎ごと切り取ったあと、肥料を与え葉を育てると、2~3年は植えたままでも
  花が楽しめる
★花言葉:自己愛

▼水仙の毒に注意!! ※参考サイト一部抜粋
『水仙の毒成分である lycorineとcalcium oxalateは、経口摂取すると吐き気を
催すだけでなく、葉や花を切ったときに汁が付けば、蕁麻疹様の皮膚炎を惹起
することがある。但し、皮膚炎を惹起するのはフサザキ水仙で、ラッパ水仙や黄水仙等
他の種類では反応が出ない。』

※参考サイト
http://www.drugsinfo.jp/2008/04/07-213517

☆おまけ☆ ~身近にある有毒な植物~
一度調べてみるのも良いかもね(^^)

 ・じゃがいも
 ・モロヘイヤ(実)
 ・青梅
 ・ギンナン
 ・ワラビ
 ・水仙
 ・チューリップ
 ・ヒガンバナ
 ・オシロイバナ
 ・ナンテン
 ・ホオズキ 等々。。。

(右)初めて使う土

ミノウの球根☆ベビーオニオンみたいね(^^;

深さ8cm確保できたかは不明(^▽^;

ミノウ 

コメント (0件)