種、できました part2 - 種子の会 栽培記録
  • 使い方
  • 育て方を調べる
  • 栽培ノートを始める
  • トップページ
  • カテゴリ
  • Q&A
  • キーワード辞典

栽培記録 PlantsNote > グループその他 > 種子の会 > 種出来ました

種出来ました  栽培中 読者になる

種子の会 栽培地域 : 大阪府 大阪市鶴見区 天候 栽培方針 : 標準栽培 読者 : 1人
栽培環境 : プランター 栽培面積 : 0.1㎡ 種から 1
作業日 : 2014-08-09 2014-08-05~4日目 天気:- 気温:-℃ 湿度:-%

種、できました part2

コイツの和名、知ってます?
「疣仙人」です。「イボセンニン」。なんだかひどい名前ですよね。ま、こいつを見れば納得しちゃうんですけど。
名前はコピアポア ヒポガエア。コイツが育っているのは南米チリのアカタマ砂漠。年間降水量数ミリの場所です。数十ミリじゃありませんよ。数ミリです。年間で、です。ただ、湿度は高いんですよ。海からの風が常に吹いていて毎朝地表を湿らすぐらいの霧がでる。そんな場所でまるでコケのように育つ・・・そんなサボテンなんです。
育てているとどんどん子吹きして群生株になります。写真の苗もどれが群生でどれが単独か分からなくなってしまいました。今では勝手に花咲かせて勝手に交配して勝手に種作ってます。ほっとくとこの種から発芽したのも勝手に育ちそうですね。


開花


種子の会 

コメント (1件)

  • TK-Oneさん 2014-08-10 00:40:14

    小型サボテンは多様性の宝庫といった感じです。一般に知られているのは中型~大型の種類が多いのであまり知られていないんですよね。小型サボテンは季節によって姿が変わるものも多いし、なんといっても種から開花までが短いのが魅力です。と言っても早くて丸2年はかかります。大型種の20年とかってやつと比べれば早いっていうだけ…こいつらと付き合うのは気の長い話になります。

GOLD
TK-One さん

メッセージを送る

栽培ノート数40冊
栽培ノート総ページ数1537ページ
読者数32人

なんか変わった事でもやってみてーなぁ。ちょっと変わった植物、ちょっと変わった栽培法、ちょっと変わってるオレがちょっと変わった事、やってみようじゃねーの・・って言いながら自分じゃ「普通」って思ってたりして・・
でも意識して他人と違うやり方をやってみるってのはいろんな発見があったりもするんだよね。これはこれで一つの方法、って思ってます。

プランツノートからお知らせ

  • 2016/04/10 栽培品種数が2,200品種を超えました。
  • 2016/04/08 マーケット機能は現在メンテナンス中となります。ご了承くださいませ。
  • 2016/04/01 サイトメンテナンスが終了しました。
  • 2016/03/30 会員数が10,000名を超えました。