我が家の田んぼ、それぞれ頑張ってるな - コシヒカリ 栽培記録
  • 使い方
  • 育て方を調べる
  • 栽培ノートを始める
  • トップページ
  • カテゴリ
  • Q&A
  • キーワード辞典

栽培記録 PlantsNote > 稲(イネ) > コシヒカリ > 水辺の動植物が好きなんです

水辺の動植物が好きなんです  栽培中 読者になる

コシヒカリ 栽培地域 : 大阪府 大阪市鶴見区 天候 栽培方針 : 標準栽培 読者 : 2人
栽培環境 : プランター 栽培面積 : 0.5㎡ 種から 10
作業日 : 2018-06-13 2014-10-14~1338日目 晴れ 25.9℃ 17.8℃ 湿度:62% 積算温度:21687.5 ℃

我が家の田んぼ、それぞれ頑張ってるな

我が家の田んぼ、とりあえず順調です。稲も一株当たり20くらいに分げつしてます。分げつした一本ごとに穂が出るので穂が出る7月までにどれだけ分げつできるかで収穫量が決まります。なので今の時期はとっても大切。上に伸びる必要はないんです。
稲は育ててみると2つの時期に分かれるのが分かります。田植えから6月いっぱい位までが横に育つ時期。どんどん分げつして株全体の径を広げていく時期です。で、7月に入るとそれぞれが穂を出し始める。穂が出始めると分げつはしなくなります。この2つの時期ははっきり分けて考えた方が良さそうですね。ポイントになるのは分げつをどれだけ増やせるか。それが直接収穫量って事になりそうです。ならば田植えを早めにする、早い時期にできるだけ温度を上げる、なんていう手が有効になりそう。って言う事は、やっぱり越年苗をちゃんと育てられる事は有効になりそうって事。それと早い時期にはビニールハウス用のビニールを使えば温度を上げる事も可能でしょうね。
っと、それとね、最近田んぼに網状の藻が繁殖してるんです。アミミドロだと思うんですが、こいつがなかなか・・・日が当たると酸素の泡出して浮いてくる。で、水面を全部覆っちゃうんです。我が家の田んぼにはドジョウもいるので水面全部を覆うのはドジョウの腸呼吸が出来なくなるので問題なんですよ。でもね、葦を植えてる田んぼは同じ環境なのにまったくアミミドロが生えない・・・葦君、やるねぇ。葦の田んぼは透明度も抜群だしコイツの浄化能力ってホントに高そうです。将来池作る時には活躍してもらえそうですね。

稲君たち。分げつ頑張ってくれたまえ。

この葦、去年発芽とは思えない成長ぶりだよな

葦の田んぼは透明度も抜群

コシヒカリ 

コメント (4件)

  • にょりさん 2018-06-16 22:11:41

    ためになる。いちいち
    へーはーほー( °▾°)って読んでた。
    葦ってそんな役割があったのね。
    しかしそんなに分けつするんだね。

  • TK-Oneさん 2018-06-17 07:59:20

    ちゃんと間あけて植えれば4月中旬の一本が30くらいに分げつします。ここらの田んぼの田植え見てると一か所3本くらいで15センチ間隔くらいで田植えしてるけど「これってどうなの?」って思っちゃいます。

  • にょりさん 2018-06-17 22:31:21

    田植え1本じゃやらないものね。

    近頃ばら蒔きしてる田んぼがあるのだけど、束にしてキチンと田植えしてるのと、
    ばら蒔きするのと収量は変わらないのだそうだ。つまりそれって分けつのこと言ってるよね?と、今思いましたが、どうでしょう。

  • TK-Oneさん 2018-06-18 00:52:47

    どうでしょう?
    我が家の周りでバラマキやってるとこないし見たことないしわかんねーっす。

GOLD
TK-One さん

メッセージを送る

栽培ノート数43冊
栽培ノート総ページ数1849ページ
読者数40人

http://qqq300.blog.fc2.com/

なんか変わった事でもやってみてーなぁ。ちょっと変わった植物、ちょっと変わった栽培法、ちょっと変わってるオレがちょっと変わった事、やってみようじゃねーの・・って言いながら自分じゃ「普通」って思ってたりして・・
でも意識して他人と違うやり方をやってみるってのはいろんな発見があったりもするんだよね。これはこれで一つの方法、って思ってます。

コシヒカリを栽培しているユーザー

プランツノートからお知らせ

  • 2016/04/10 栽培品種数が2,200品種を超えました。
  • 2016/04/08 マーケット機能は現在メンテナンス中となります。ご了承くださいませ。
  • 2016/04/01 サイトメンテナンスが終了しました。
  • 2016/03/30 会員数が10,000名を超えました。