ねこ寄せ効果の考察 - ミント-品種不明 栽培記録
  • 使い方
  • 育て方を調べる
  • 栽培ノートを始める
  • トップページ
  • カテゴリ
  • マーケット
  • Q&A
  • キーワード辞典

栽培記録 PlantsNote > ミント > ミント-品種不明 > キャットミントとキャットニップ

キャットミントとキャットニップ  栽培中 読者になる

ミント-品種不明 栽培地域 : 京都府 相楽郡精華町 天候 栽培方針 : 標準栽培 読者 : 3人
栽培環境 : プランター 栽培面積 : 0.1㎡ 苗から 2
作業日 : 2014-05-04 2013-06-10~328日目 晴れ 26.2℃ 8.9℃ 湿度:42% 積算温度:5059.3 ℃

ねこ寄せ効果の考察

両方とも快調に育っている( ^ω^ )
ハーブは神経質な手間が要らないのに育ちが良いことが多い。それだけでも価値がある。キャットニップのほうはプラスチックのタグを倒されること数回、のらねこたちの愛情の証(体をごしごしなすりつけた後の残り毛放置)もしょっちゅうある。

それにしても、ねこが虜になることでこのハーブにどんなメリットがあるのだろうか?たとえばこのハーブがやたらとネズミや鳥に狙われるのなら、ねこと共存共栄する可能性は十分ある。しかし、そうした話は聞かない。ねこはこの植物の花をかぎにくるわけではないので、虫媒花のような繁殖の期待も無理である。
マタタビにしてもそうだが、謎は深まる。

キャットニップ

キャットミント

ミント-品種不明 

コメント (0件)