シャルムいやいや立春の香り2020 (シャルム) 栽培記録 - h-waka
  • 使い方
  • 育て方を調べる
  • 栽培ノートを始める
  • トップページ
  • カテゴリ
  • マーケット
  • Q&A
  • キーワード辞典

栽培記録 PlantsNote > タマネギ > シャルム > シャルムいやいや立春の香り2020

シャルムいやいや立春の香り2020  栽培中 読者になる

シャルム 栽培地域 : 岡山県 総社市 天候 栽培方針 : 標準栽培 読者 : 0人
栽培環境 : 栽培面積 : 10㎡ 種から 100
  • 青立ちしたシャルムのその後

    多くの株が分けつしていますが、それなりに玉は太っています。 3枚目の写真は、分けつした株を2つに割った状態ですが、更に2つに分けつしていて、1株が4株になっているようです。凄い生命力だねえ。 青立ちした株も大きくなることがわかりましたが...

    22.4℃ 15℃ 湿度:61%  2021-04-03 383日目

  • もう青立ちしたものしか残ってないのですが

    こんな感じの奴ばかりです。切ってみるとこの通り新芽ができつつあります。 これって、このまま放置どておくと、再度、新しい玉ねぎとして大きくにならないもんかねえ。

    天気:- 気温:-℃ 湿度:-% 2021-02-12 333日目

  • かなり終わりになってます

    ほとんど終わってますが、まだ少し畑に残ってます。 大きくなったものから順次収穫という感じになってますけど、自家消費にはちょうどいいように思えるねえ。 商売にするには、あと少し「腕」がないとダメみたい。

    13.2℃ 1.5℃ 湿度:60%  2021-02-02 323日目

  • 少しづつ収穫中

    出来は良くないです。青立ちしたものが多い。 種球が小さかったせいでしょう。やっぱり、苗半作は正しい!! シャルムよりも立秋の香りの方が、種球が小さくても良いようです。 白いタマネギは良い!人気がある!!

    11.9℃ -0.5℃ 湿度:65%  2020-12-22 281日目

  • シャルムに立春の香りを少しだけ

    シャルムは、種球が小さかったので、やっぱり出来は今一つ。 それに引き換え、立春の香りはまずまずの出来。 種球はシャルムよりも小さかったんだけど、意外に良いんじゃない。 ということで、立秋の香りがタイトルロールに。

    9.3℃ 2.4℃ 湿度:63%  2020-12-14 273日目

  • 立派になってきました。

    もう葉っぱが倒れてしまうのを待ってます。 最初の種球づくりがあまり上手くいっていないこともあるのですが、小さい種球が多かった割には青立ちしているものがたくさんあるのは何故????不思議~ 小さいので、肥料で大きく育てようとしたためか、悩...

    19℃ 6.2℃ 湿度:76%  2020-11-26 255日目

  • ものは試しに

    小っちゃいんだけど、新玉ねぎ。 葉っぱも美味しくいただきました。

    19.7℃ 5.5℃ 湿度:77%  2020-11-15 244日目

  • う~ん、もう少しかなあ

    取りたいきぶんですが、我慢我慢

    17℃ 4.6℃ 湿度:69%  2020-11-10 239日目

  • 玉ねぎになった!!

    根元が膨らんで玉ねぎらしい姿が想像できるよねえ! こんな感じにできたものは葉玉ねぎで収穫するのはもったいないので最後まで行くぞ!

    16.9℃ 6.3℃ 湿度:63%  2020-11-04 233日目

  • 11月下旬には収穫できそうだねえ

    この勢いなら、11月下旬には新玉にありつけそう。 ただ、生長はバラバラで、大方は年を越しそうです。 立春の香りもよく出来てます。白玉ネギなので人気があるよね。

    20.9℃ 10.5℃ 湿度:80%  2020-10-28 226日目

  • 1
  • 2

GOLD
h-waka さん

メッセージを送る

栽培ノート数408冊
栽培ノート総ページ数7538ページ
読者数88人

復帰に向けて準備中~春だもんねえ
使っている写真は「キビ」です。まだまだちっちゃい苗です。
岡山県は吉備の国。キビがたくさん取れるので吉備という国なのです。