短形自然薯+ねばりいも (短形自然薯) 栽培記録 - giken
  • 使い方
  • 育て方を調べる
  • 栽培ノートを始める
  • トップページ
  • カテゴリ
  • Q&A
  • キーワード辞典

栽培記録 PlantsNote > ナガイモ > 短形自然薯 > 短形自然薯+ねばりいも

短形自然薯+ねばりいも  栽培中 読者になる

短形自然薯 栽培地域 : 埼玉県 日高市 天候 栽培方針 : 標準栽培 読者 : 0人
栽培環境 : プランター 栽培面積 : 5㎡ 苗から 17
  • 開花するとよい匂いがする。咲き始めるとコガネムシの成虫が集まる。ブドウの葉も食べるが花の時期だけはヤマイモに集中するので駆除がやりやすい

    17.3℃ 14.7℃ 湿度:86%  2018-06-16 68日目

  • ムカゴ植え付け

    残りの6株。1株は虫に食われて地上部が無くなっているが根はある。30cm鉢にすし詰め

    33.2℃ 22℃ 湿度:57%  2018-06-09 61日目

  • 野良ヤマイモ

    去年掘り起こせなかった物が育っている。ヒルガオやヘクソカズラと絡んで分離不能

    33.2℃ 22℃ 湿度:57%  2018-06-09 61日目

  • 最後の1株発芽

    毎年発芽の遅い株が出現する

    天気:- 気温:-℃ 湿度:-% 2018-05-31 52日目

  • ムカゴ発芽

    ムカゴはほぼ100%発芽するので来年の種イモの確保は容易。植え付ける深さは浅くても深くても良い。10cm以上深植えしても発芽する

    29.5℃ 18.7℃ 湿度:75%  2018-05-18 39日目

  • ネットを張った

    きゅうりネットは安くて丈夫。3年前の物。細くて巻き付きにくいので適しているとは言えない

    27.1℃ 14.7℃ 湿度:42%  2018-04-28 19日目

  • ムカゴも植え付け

    大きい物だけ12個だけ選ぶ。必要以上にあるので残りは山にばらまいた。種イモは大きいほど収穫できる芋の大きさも大きくなるがムカゴは大きさによってできる種イモのサイズに差がつかない

    20.5℃ 14.2℃ 湿度:71%  2018-04-23 14日目

  • 植え付け

    土は去年のスイカとイチゴの物が約半分、残りはコメリの培養土。去年の土は油粕、苦土石灰、骨粉、8-8-8化成肥料を少し追加。乾燥防止は杉、桧、赤松混合の鉋屑。種イモ用の鉢はコメリとカインズホームの培養土。去年の石積はやり直して隙間を多くし蜂が...

    20.6℃ 7.6℃ 湿度:40%  2018-04-10 1日目

    植付け

  • 芽が出ていた

    アタリヤ農園の短形自然薯とねばりいも。同じ品種だと思う。混ざっているので区別できない。30cm以上伸びているのに気が付かず。昨日は何も生えていなかったような気がする。明日植える

    20.2℃ 3.3℃ 湿度:37%  2018-04-09 0日目

    発芽

  • 1

GOLD
giken さん

メッセージを送る

栽培ノート数71冊
栽培ノート総ページ数1455ページ
読者数18人

http://iizukakuromaguro.sakura.ne.jp/

栽培地の標高205m、PlantsNoteの気温データより実測は約2度低い。日の出は平地と同じ、山側に日没するため日の入りは1~2時間早い、真冬の日当たりの悪い場所の凍結深度は10cm程度、北西側は宅地造成されていない山林、虫鳥多数

短形自然薯を栽培しているユーザー

プランツノートからお知らせ

  • 2016/04/10 栽培品種数が2,200品種を超えました。
  • 2016/04/08 マーケット機能は現在メンテナンス中となります。ご了承くださいませ。
  • 2016/04/01 サイトメンテナンスが終了しました。
  • 2016/03/30 会員数が10,000名を超えました。